Top > 現金化 > 融資とクレジットカードの現金化の違いは

融資とクレジットカードの現金化の違いは

現金が必要になった場合、融資を受けたりする方法があります。

簡単に言えば借金です。

融資先にもいろいろとあり、銀行が貸してくれる場合もありますし、貸金業者による融資もあります。

個人で融資してくれる場合もありますが、どれもお金を借りるということが重要でしょう。

 

この融資に比べ、クレジットカードの現金化は、ショッピングの延長であるということが重要です。

購入した商品に対して、キャッシュバックが付いているものもありますし、買取を前提とした購入を考える方法もあります。

ですが、キャッシングとは別枠になっているところに注目しなければいけません。

 

どこからか融資を受ける場合には、必ず審査されることになるでしょう。

個人から借りる場合でも、この人に貸して大丈夫なのか、その場で見極めをしたりすることもあります。

返済計画の提出が義務となる場合だってあるのです。

 

ところが、クレジットカードの現金化の場合には、こういった審査を受けることなく、現金化することができます。

クレジットカードを作る場合には、審査を受けることになりますが、融資に比べて厳しくはありません。

そのため、カードを作ることも難しくはなく、現金も手にしやすい方法になっているのです。

 

問題があるとすれば、現金化する時に考えなければいけない換金率と、ショッピングの金利を足して計算しなければいけないというところです。

どちらも大きなものとなってしまうことがありますので、計画を立てて進めることが大切になるでしょう。

現金化

関連エントリー
融資とクレジットカードの現金化の違いは